僕がスーツに白シャツしか着ない理由まとめ

what
「働く!リーマンファーザー」へようこそ!
管理人のwhat(ワット)です。

 

以前投稿したビジネス用の革靴を全て同じストレートチップにしたという記事が意外とアクセスを集めています。(当ブログ比)

こういった記事にも案外需要がありそうなので、別の「僕が全く同じもので揃えているモノ」も記事にしたいと思います。

今回は「スーツ用のワイシャツは、白シャツ以外買わない」ことのメリットをまとめます。

僕は白シャツ以外のビジネスシャツを買わない生活を8年に続けていますが、楽すぎて今後も柄モノのシャツを買うことはないと思います。

この記事はこんな方にオススメ!

  • ビジネスウェア選びが苦痛
  • 子育て中で、ビジネスウェアの買い物の時間があまり取れない
  • ビジネスウェアを整理したい
  • シンプルなライフスタイルが好き

what
特にシンプルで充実した生活を目指したい方にオススメです!
スポンサーリンク

スーツに白シャツ以外着なくなったキッカケ

スーツとネクタイとシャツの色と柄の組み合わせは無限大!

色々考えて着こなすのが、男性社会人の醍醐味だと思います。

what
僕も社会人なりたての頃は頑張ってました!

ただ営業職の僕は、スーツをほぼ毎日着ます。

スーツを毎日着る職種の人間にとって、ビジネスウェアは消耗品です。

特に肌に触れるシャツは、襟や袖が汚れたり、擦り切れたりして結構な頻度で買い替えなくてはいけないことに気付きました。

他にも

  • どうしてもお気に入りとそうでないのものが出来て消耗具合に差が出る。
  • 「これだ!」と思って買ったものに合わせるネクタイがない
  • 逆に「これだ」と思って買ったネクタイに合わせられるシャツが限られる
  • 朝、何を着ていくか悩む
  • クローゼットがシャツで埋まる

などなど、スーツの着こなしに悩まされることが多くなり、だんだん憂鬱になってきました。

色々悩んだ結果、

what
もうシャツは白シャツだけにしよう!

what
その代わり、一年に一回全部買い替えて、常に綺麗でパリッとしたシャツを着るようにしよう!

what
シャツにこだわらない分、ネクタイは頑張って選ぼう!

と決めて、柄物のシャツを全部処分しました。

それから8年、スーツには白シャツ以外着ない生活を続けています。

スポンサーリンク

スーツには白シャツしか着ないメリット

白シャツ以外のビジネスシャツを持たない生活を8年続けている僕が感じるメリットをまとめます。

シャツの枚数が減って、クローゼットが空く

スーツは 3〜4着、革靴も3〜4足

これはスーツを毎日着る社会人が最低限準備すべきとされている数です。

シャツに関しては、10着前後と言われています。

what
僕もかつては8着くらい持っていました!

僕の現在ですが、白シャツ以外のシャツを持たなくなってからは、シャツは4枚だけになりました。

平日5日に満たない枚数ですが、特に不自由は感じていません。

出張の際は、国内だろうが、海外だろうが、出張先で洗濯すれば事足ります。
むしろ出張に持って行く荷物を減らしたいので、シャツは最低限の枚数あれば十分です。

クローゼットのスペースも削減出来るメリットも大きいです。

頻繁に買い替えられるので常に綺麗なシャツが着られる

白シャツ以外持たなくなってから、シャツは1年に1回4枚まとめて買って、1年経ったら処分することにしています。

同じシャツしか持っていないので、好みに寄って着る頻度に偏りが出ません。
シャツの消耗が均等になるので、同じタイミングで処分すればOKです。

定期的に全部まとめて新しいものに入れ替えられるので、常に真っ白でキレイなシャツを着られます。

コーディネートに迷わない

シャツが柄物の場合、コーディネートはスーツ×ネクタイ×シャツの組み合わせ分、選択肢があります。

what
1年間、着まわせる計算になりますね!

スーツ3着、ネクタイ10本、シャツ10枚をお持ちの方は、3×10×10=300通りの組み合わせに!

実際は色、柄の相性があるので、ある程度組み合わせを決めてローテーションしている人が殆どと思いますが、選択肢が多いと朝何を着ていくかどうしても迷ってしまいます。

一方、白シャツしか持っていなければ、スーツとネクタイの組み合わせだけ考えれば良いので、コーディネートが楽になります。

特に楽だなーと思うのが、新しくネクタイを買い足す時です。

シャツとの組み合わせを考えなくて良いので、気に入った柄のネクタイがあったら着回しを考えずにそのまま買えます。

what
シャツを白一本にすると、ネクタイの選択肢は逆に広がりますね!
スポンサーリンク

白シャツ以外のシャツを持たないデメリット

個人の価値観によりますが、僕は白シャツ以外のシャツを持たないデメリットは特にないと考えています。

what
強いていうと、決してお洒落には思われないことでしょうか?笑

ただ社会人にとって大事なのは、お洒落であることではなく、清潔感があることだと思うんですよね。

柄や色の組み合わせに拘るよりは、ヨレヨレではないパリッとしたものを常に身につけるほうが大切だと思っています。

あとは、月に一度は散髪に行く、スーツが似合う体型を維持する努力を日々続ける努力も大切です。

特に子育て世帯は、自分の洋服を選ぶ時間を中々確保できないので、いっそのことシャツは白!と割り切ったほうが、かえって清潔感を保ち続けれるのではないでしょうか?

ぶっちゃけ「いつも白シャツだね!」と言われたことある?

 

はい、言われたことあります!

what
見てる人は見てますねぇ・・・。

これまで、営業アシスタントの女性、同期、先輩、後輩に5〜6回くらい指摘されました。

指摘された時は、「お客様商売なので、白シャツしか着ないのが僕のポリシーです!」とはっきり言うようにしていますね。

別に指摘されたからと言ってどうってことはありません!

スーツには白シャツしか着ないメリットのまとめ

今回は、白シャツ以外のビジネスシャツを持たないことのメリットをまとめてみました。

お洒落や身嗜みへの考え方は人それぞれですが、ビジネスウェア選びの時間が中々取れない人にはかなりオススメ出来ます。

初めてやる時は結構勇気が必要ですが、やってみるとすごく楽だし、特にデメリットはありません。

もしこの記事を読まれた方で、いいなと感じられた方は是非試してみてください。

what
また別の記事でお会いしましょう!
スポンサーリンク