プランクを1年半年続けたら、立ちコロができるようになりました!

what
「働く!リーマンファーザー」へようこそ!
管理人のwhat(ワット)です。

2019年の8月14日からダイエット目的で毎日2分間プランクをやり始め、2021年2月14日で開始から1年半経過しました。

プランクダイエット開始1年からさらに半年経過して以前と変わった点は、腹筋ローラーの立ちコロが出来るようになったことです!

プランクは初心者向けで負荷が弱めと言われています。
ですが、コツコツ続けたら腹筋ローラーが出来るようになるくらい筋力アップになりますよ!

スポンサーリンク

腹筋ローラー(アブローラー)とは

まず初めに、腹筋ローラー(正式名称:アブローラー)とはなにか、解説します。

腹筋ローラーとは↑のようなローラーを握って床につけ、体を曲げ伸ばしすることで腹筋を鍛える器具です。

やることは簡単ですが、非常に運動強度が高く、普段運動をしていない人では膝をついた状態でも1回もできません。
ボディビルダーやフィジーカーの方もメニューに取り入れているような筋トレ上級者向けのトレーニング器具です。

腹筋ローラーをつかったメニューには、膝をついてやる通称:膝コロ、膝をつかずに立ったまま行う通称:立ちコロがあります。

膝をついてやる膝コロのほうが負荷が小さく初心者向けですが、それでも相当な強度があります。

僕は、週一回のジムでのトレーニングを4年ほど続けていました。
つまり決して筋トレ初心者ではありませんでしたが、それでも膝コロをやると毎回激しい筋肉痛が起こっていました。

what
1週間インターバルを設けないとトレーニングできないくらいの腹筋の筋肉痛がありました。

what
膝コロでこんなんですから、立ちコロをやろうとは考えもしなかったですね・・・。
スポンサーリンク

プランクを1年半続けた結果、立ちコロが出来るようになった!

2分間のプランクを毎日の日課にしだしてから1年半が経過したある日。

果たして自分の腹筋力がどのくらい上がったか、今だったら結構いいセンいくんじゃないのか?

そんな適当な考えで、試しに腹筋ローラーの立ちコロにトライしてみました。

…あれ、出来るぞ。

なんと1年半毎日プランクを続けた結果、以前は一回も出来なかった立ちコロが3〜4回くらい出来るようになっていました!

そこから1週間毎日立ちコロを続けたところ、あっさり10回まで回数を伸ばすことに成功!

最近は立ちコロ10回+プランク2分を毎日行うようにしています。

what
前は膝コロを10回やったら、1週間地獄の筋肉痛を引きずっていたのに…
スポンサーリンク

プランクは安全に確実に腹筋を鍛えられる

30代のビール腹を引っ込めるためのダイエット目的で始めた毎日プランク。

プランクに期待していたことは、気軽に毎日続けられてお腹を引き締めることで、筋力強化面ではあまり期待していませんでした。

しかし、1年半続けて立ちコロが出来るようになったということは、プランクは筋力強化面でも効果があるということです。

膝コロをいくら続けても、そのまま立ちコロがすんなり出来るようにはならないと言われていますから、プランクの筋力を鍛える効果は相当なものです。

プランクは、筋力が弱い初心者の方が安全に取り組めるトレーニングの代表格です。

しかも継続すれば、立ちコロができる=筋トレ上級者レベルまで筋力を引き上げることができますので、これほど素晴らしいトレーニングは中々ないと思います。

what
これからも毎日プランクを頑張ります!

プランクを1年半続けた結果:体重推移

ダイエット開始半年、1年と体重推移をまとめてきましたので、今回も半年間の成果をまとめます。

結論からいうと1年〜1年半の半年では体重が増えています。

毎日プランク開始時 体組成

毎日プランク開始時

プランクダイエット半年の体組成

毎日プランク半年

毎日プランク開始1年後 体組成

毎日プランク1年

毎日プランク1年半後の体組成

毎日プランク1年半

 

体重が増えてしまった原因は明らかで、ここ半年夕食前に軽食を取る習慣が続いていたことです。

↑の記事の通り、ここ半年、子供が入院し、毎日仕事終わりに面会で通っていました。
面会が終わって夕食を取るのが毎日10時過ぎでしたが、空腹を我慢できず、毎日帰宅前に軽食を取る習慣が続いていたのです。

what
まあ、太りますわな!

 

子供が入院していた半年間は、大体1日400〜500kcalの摂取カロリーが増えていたことになります。

それでも体重と脂肪増加をこの程度で抑えられたのは、毎日30分のプランク、筋トレの成果だと理解しています。

what
筋トレをやっていれば、急に食習慣が変わっても体重増加を緩やかに出来ますね!

幸いにして子供も退院しましたので、次の半年は規則正しい食事習慣を続けられそうです。

体重が増えてしまった原因は明らかなので、これ以上太ることはないと考えています。

今後のダイエットの目標

今後のダイエットの目標ですが、

  • 子育て共働き家庭でも無理なく続けられる範囲で
  • 過度な食事制限をせず
  • 減量に拘らず
  • 腹筋を割る

ことを目標に取り組んでいきたいと思います。

1番大事にしたいことは、とにかく続けることですね。

続けなければ成果はゼロなので、とにかく続けることを最優先で今後も取り組んでいきたいです。

今後も長くダイエットを継続するためには、日々1〜2時間程度しか自分の時間が確保出来ない中で、現実的な日々のトレーニングメニューの設定が不可欠と考えています。

what
無理なく習慣化出来る範囲でやっていきます!

 

食事制限に関しても、家族がいる中、自分だけボディービルダーの減量食のような食生活は出来ません。
ですので、外食する時は出来るだけ栄養のバランスが良さそうなものを選ぶとか、間食を出来るだけ控えるとか、そういうレベルでやっていきたいと思います。

減量に拘らないというのは、筋肉量を大きく落としてまで減量に拘らないということです。

30代以降は、何もしなければ年々1%筋肉量が落ちていくそうです。

痩身を目指すのであれば、とにかく減量するのが一番手っ取り早いですが、減量すれば筋肉量も落ちます。
失った筋肉量を取り戻すには相当な努力が必要なので、その辺りのバランスも考えながら減量目標を立てていきたいと思います。

what
ただ痩せるだけでなく、体の老化のことを考えなくてはいけない…。
悲しいですが、これが現実…。

 

そして最後に「腹筋を割る」が、目指すべきゴールになります。

立ちコロが出来るようになった今なら、半年後には腹筋割れるじゃないかな〜とぼんやり考えていますが・・・。
どうなんでしょう??笑

取り敢えず半年間、頑張ってみます。

プランクを1年半続けたら、立ちコロが出来るようなったのまとめ

今回は、プランクを一年半続けた成果をまとめてみました。

プランクを続けるだけで、立ちコロが出来るまで筋力が強化されたのは正直嬉しい誤算でした。

立ちコロという高強度トレーニングができるようになったことで、腹筋を割るという最終目標にまた一歩近づけたかな?と感じています。

プランクはトレーニング初心者の方でも失敗なくお腹をシェイプアップできるので、お腹がぽっこりしてきたアラサーの皆さんには是非試してほしいと思います。

次はまた半年後に成果をアップしますので、お楽しみに!

また別の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう