ドラム式洗濯機を買って電気代が実際どのくらい上がったか?

「働く!リーマンファーザー」へようこそ!
管理人のwhat(ワット)です。

高度経済成長期の三種の神器は「白黒テレビ、冷蔵庫、洗濯機」だったそうです。

昨今は「ドラム式洗濯機、食洗機、ロボット掃除機」が(何度目か分からない)新家電三種の神器と言われているようですね。

個人的にはこの新家電三種の神器の中で、最も時短効果が高いのがドラム式乾燥機だと思っています。

最近のドラム式洗濯機は洗剤の投入も自動でやってくれるので 本当に服を入れてスイッチを押すだけで服が洗濯乾燥されて出てきて、まさに未来の家電といった感じ。

what
控えめに言って神・・・、便利すぎる!

ドラム式洗濯機は、一人暮らしでも、夫婦恋人と2人世帯でも、家族世帯でも今すぐ買うべき便利アイテムですが、電気代が気になる方もいるのではないでしょうか?

結論からお伝えすると、ヒートポンプ式のドラム式洗濯機を1日2回使った場合の電気代は、1か月1500円ほどでした。

以下で、我が家の実際の電気代も含めた詳細を解説しますので、ぜひ本記事を最後までお読みください

月々の電気代が気になる方へ

月々の電気代にお悩みの方は、東京ガスで電気とガスをまとめれば、電気代を大きく節約できるかもしれません。

東京ガスなら、電気ガス代にポイントもついてさらにおトク。

電気料金がどのくらい安くなるかのシミュレーションは以下の公式サイトにて。


こちらをチェック!

ドラム式洗濯機の電気代比較検証

メーカーの計算値

まずは、ドラム式洗濯機の電気代のメーカー計算値をまとめます。

我が家の洗濯機はパナソニックのヒートポンプ式。

パナソニックのHPによると洗濯乾燥運転1回で約25円かかるとのこと。

我が家では1日2回洗濯機を回しますので、1ヶ月だと25×2×30=1500円かかる計算。

従ってドラム式洗濯機購入前後の料金の変化は、+1500円程度で収まっているはず。

ドラム式洗濯機導入前後の実電気代の比較

それでは早速、ドラム式洗濯機の導入前後で電気代がどれだけ変化したか、我が家の結果を公開します。

我が家がドラム式洗濯機を導入したのは、2019年8月。

東京ガスのマイページで、ドラム式洗濯機の導入前後の電気代を比較します。

2019年と2020年で電気代を比較した結果は、以下の通りです。

枠内の上が2020年、下が2019年の電気代です。

3ヶ月平均でドラム式洗濯機導入前に比べ、導入後は1303円増という結果でした。

概ね予想通りの結果となっていますね!

我が家は2019年2月の途中で電気を東京電力から切り替えています。またドラム式洗濯機は2019年8月に購入しました。つまり執筆当日現在(2020年6月)同じ電力会社でドラム式洗濯機導入前後の電気代を比較出来るのは、2019/2020の3月、4月、5月請求分のみです。データが少ないですが、2020年6月末に新居に移ることになり比較条件が変わるので、とりあえず3か月分の結果でまとめてみました。

ドラム式洗濯機に月1500円払って得られるもの

ざっくりとした確認でしたが、1日2回、ドラム式洗濯機を乾燥まで回すと大体月1500円程度かかることが確認出来ました。

年間にすると約18000円。

決して安くないこの金額をどう捉えるか。

洗濯物を手で干すのが1日2回、1回10分とすると、ドラム式洗濯乾燥機の導入で1年間では約121時間=5日もの時間節約になります!

what
チリも積もれば、5日間に!

年5日間の時間節約効果と聞くと年18000円の電気代分の価値はありそうな気がしますね!

また電気代の金額以上に1回10分の洗濯物干しのカットの価値を感じる瞬間が朝です。

我が家は共働きなのですが、子供にご飯を食べさせて、着替えさせて、自分達が身支度してと朝は分刻みの忙しさ。

朝の10分には何にも代えられない黄金の価値があります!

what
朝の10分の時間を作れるのであれば、ドラム式洗濯機の月1500円の電気代は安いと感じています。

月々の電気代が気になる方へ

月々の電気代にお悩みの方は、東京ガスで電気とガスをまとめれば、電気代を大きく節約できるかもしれません。

東京ガスなら、電気ガス代にポイントもついてさらにおトク。

電気料金がどのくらい安くなるかのシミュレーションは以下の公式サイトにて。


こちらをチェック!

ドラム式洗濯機を買うならヒートポンプ式、洗剤自動投入機能付を!

ドラム式洗濯機は色々機種がありますが、以下の2つの仕様は押さえておいた方が良いです。

ヒートポンプ式

ドラム式洗濯機の乾燥機能には、「ヒーター式」と「ヒートポンプ式」の2種類があります。

日々の電気代を少しでも節約するために、ドラム式洗濯機の乾燥方式は「ヒートポンプ式」を選択しましょう。

ヒートポンプは、エアコンにも使われている技術ですが、ヒーター式と比べ、エネルギー効率が段違いです。

ヒートポンプ気体を圧縮・膨張させると温度が変化する性質を利用して、熱を必要な箇所に移動させています。

what
熱を送るポンプということで「ヒートポンプ」です。

熱を移動させるということは、温かい場所が出来ると当時に冷たい場所が出来るということですが、冷たい場所は洗濯物から水分を奪って湿気を含んだ熱風の除湿に使われます。

ヒートポンプ式のドラム式洗濯機は、洗濯機内の熱風を除湿しながら乾燥するので、ヒーター式に比べ電気代が安いだけでなく乾燥時間も早いという特徴があります。

ヒートポンプ式はドラム式洗濯機にとって良いこと尽くめで、2022年現在、ドラム式洗濯乾燥機の主流になっています。

しかし、コンパクトタイプのドラム式洗濯機では、まだヒーター式の乾燥機が採用されていることがあるので注意が必要です。

ヒートポンプ式は機構が複雑なためか小型化は難しく、コンパクトタイプのドラム式洗濯機には採用できないようですね。

設置場所の都合でコンパクトタイプのドラム式洗濯機しか置けない場合もあると思います。

ですが、電気代や乾燥時間のことを考えれば、可能な限りヒートポンプ式を選択したいところ。

パナソニックのHPには設置スペースの詳細情報があるので確認の上、大丈夫そうであれば是非ヒートポンプ式を選択してください。

パナソニックリンク

アパートにドラム式洗濯機を設置した際の写真

お風呂の扉にかかっていますがギリギリおけました

 

↑は以前住んでいた賃貸アパートに無理やりヒートポンプ式の洗濯機を置いていた時の写真です。

what
本当に置けるのかなぁ・・・

と不安でしたが、PanasonicのHPの情報を元にきっちり採寸した結果、ギリギリ設置できることがわかり、購入しました。

what
ドラム式洗濯機の奥行が浴室の扉に大分かかっていますが、特に問題なかったですね!

洗剤自動投入機能

2020年6月現在、パナソニック、日立、東芝のドラム式洗濯機に搭載されている機能ですが、めちゃめちゃ便利です。

洗濯物を放り込んでスイッチ押すだけで良いというのがこんなに楽だとは思いませんでした。

理屈じゃないです、とにかく楽なので自動投入機能付を迷わず選んでください。

※2022年2月更新 今では洗剤自動投入機能はほぼ標準装備くらいになってきましたね。

まとめ

ドラム式洗濯乾燥の電気代は…
  • 1日2回洗濯する場合、大体月1500円
  • 月1500円の価値はあるので、迷わず買うべき。

本記事は如何でしたか?

ドラム式洗濯機は「3種の神器」の名にふさわしい、日々の生活を楽にしてくれる家電です。

what
一度ドラム式洗濯機を使い始めるともう洗濯物を毎日干していた頃には戻れません。

まだドラム式洗濯機を買っていない方は騙されたと思って是非今すぐ買ってください。

最高です。

また別の記事でお会いしましょう!

月々の電気代が気になる方へ

月々の電気代にお悩みの方は、東京ガスで電気とガスをまとめれば、電気代を大きく節約できるかもしれません。

東京ガスなら、電気ガス代にポイントもついてさらにおトク。

電気料金がどのくらい安くなるかのシミュレーションは以下の公式サイトにて。


こちらをチェック!